メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 受診のご案内 > 草加市立病院で診療をお受けになる患者さんへ

草加市立病院で診療をお受けになる患者さんへ

医療のリスク、不確実性について

 どのような診療行為(手術、薬物療法、検査など)であっても身体に何らかの負担や侵襲(苦痛や傷など)を伴います。通常は、診療行為によって得られる利益が不利益を上回りますので、問題になることはありません。
 しかし、医療は本質的に不確実な面がありますので過失がなくても重大な合併症は起こり得ます。診療行為と無関係の病気や加齢に伴う症状が診療行為の前後に発生することもあります。合併症や偶発症が起これば、もちろん治療に最善を尽くしますが生命に危険が及ぶこともあり得ます。予想される重要な合併症については予め説明します。
 しかし、きわめて希なものや予想外のものもあり全ての可能性を言い尽くすことはできません。こうした医療の不確実性は、人間の生命の複雑性と有限性、および、各個人の多様性に由来するものであり、低減させることはできても、消滅させることはできません。
 こうしたリスクがあることを理解した上で同意書には署名してください。疑問があるときには、納得できるまで担当医、主治医に質問してください。納得できない場合は、無理に結論を出さずに、他の医師に意見を聞くことをお勧めします。他の医師の意見を求めることで不利な扱いを受けることはありません。当院以外の医師の意見(注:セカンドオピニオン)をお聞きになりたい場合には、必要な資料を提供します。

注:セカンドオピニオン外来は自費診療となります。
  
                                 草加市立病院
                                 病院長 矢内常人