メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 入院のご案内 > 高額療養費制度

高額療養費制度

高額療養費制度について

医療費の負担を軽くするために、医療費には自己負担限度額が設けられています。
高額療養費制度とは、ひと月に支払う医療費(健康保険が適用される医療費の自己負担分)が自己負担限度額を超える場合、あらかじめ保険者に「限度額適用認定証」の交付申請をし、「限度額適用認定証」を病院へ提出されると、その限度額を超えた額が「高額療養費」として払い戻される制度です。

この制度は、患者さんの申請がないと適用されません。手続きがお済みでない場合は、ご加入の各健康保険へお問い合わせのうえ手続きをお願いします。入院されるまでに手続きを済ませ、入院時に認定証をご提示ください。

なお、自己負担限度額は、世帯の所得状況に応じて異なります。

高額療養費の自己負担限度額

対象者

自己負担限度額(月額)

多数該当

ア 標準報酬月額

83万円以上

252,600円+(医療費-842,000円)×1%

140,100円

イ 標準報酬月額

53万から79万円

167,400円+(医療費-558,000円)×1%

93,000円

ウ 標準報酬月額

28万から50万円

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

44,400円

エ 標準報酬月額

26万円以下

57,600円

オ 低所得者:

住民税非課税

35,400円 24,600円
  • 多数該当とは、直近1年間に高額療養費給付に該当する月が3回以上あった場合の4回目以降における自己負担限度額(月額)です。

自己負担額の計算について

  • 月の初日から末日までの1か月ごとに計算します。
  • 同じ医療機関でも入院と外来は別計算になります。
  • 病室差額料(個室ベッド代)、食事療養費、保険がきかない医療行為は対象外です。
  • 70歳未満の自己負担限度額は、1.医療機関ごと、2.医科・歯科別、3.入院・外来別に適用
  • 「多数該当」は、直近1年間における4回目以降の自己負担限度額(月額)

お問い合わせ

医事課
電話番号 048-946-2200