メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 入院のご案内 > 産科医療保障制度

産科医療保障制度

当院では、健康で元気な赤ちゃんが無事に生まれてほしいというご家族の願いをかなえるために、医師や助産師が全力で産科医療に取り組んでいます。しかし、万が一、分娩に関連して赤ちゃんに重度の脳性まひが発生した場合に、赤ちゃんとそのご家族をサポートしたいという想いから、分娩を取り扱う全国のほとんどの施設が「産科医療保障制度」に加入しています。当院も安心・安全な出産のため、この制度に加入しています。

制度の概要

産科医療保障制度とは

  • 分娩に関連して発症した重度脳性まひの赤ちゃんとその家族に対しての補償です。
  • 重度脳性まひ発症の原因を分析し、産科医療の質の向上を図ります。
  • 民間の保険を活用し、速やかな補償が可能となります。

補償の対象

  • 出生体重1,400g以上かつ在胎週数32週以上で生まれ、身体障害者等級の1級または2級に相当する赤ちゃん。
  • 出生体重、在胎週数の基準を下回る場合でも、在胎週数28週以上の赤ちゃんについては「個別審査」により補償の対象になることがあります。なお、先天性要因、新生児期以降の要因による場合は、補償の対象となりません。

補償内容

  • 準備一時金600万円
  • 補償分割金2,400万円(年間120万円を20回)

掛金

  • 1分娩につき16,000円(双子の場合は32,000円)

この費用は出産一時金を充当することにより、実質的な出産費用の負担はありません。

妊産婦さんへのお願い

  • 制度の趣旨をご理解いただき、すべての妊産婦さんに登録をお願いしています。登録用紙は分娩予約時に記入・捺印いただきます。

その他詳細については関連リンクをご覧ください。

お問い合わせ

医事課
電話番号 048-946-2200