メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 泌尿器科

泌尿器科

診療対象疾患

泌尿器科疾患全般を取り扱っています。
  • 副腎腫瘍の内分泌学的評価および外科的治療
  • 泌尿器科癌(腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍)の検査、外科的治療、化学療法、放射線治療
  • 尿路結石症の治療(対外衝撃波結石破砕、経尿道的砕石、経皮的砕石など)
  • 前立腺肥大症の治療(薬物療法、外科的治療)
  • 排尿、畜尿障害(尿失禁)の評価と治療
  • 泌尿器科救急医療(外傷など)
  • 小児泌尿器科(停留精巣)

診療の特徴・特色

地域の基幹病院として、尿路の悪性腫瘍(がん)をはじめ、排尿障害・尿路結石症・感染症などの診断および専門的治療を行っております。常勤2名、非常勤3名の泌尿器科専門医(日本泌尿器科学会指導医)を中心に診療に当たっております。

泌尿器科診療の中心は泌尿器科がんの治療ですが、当院では手術はもちろん、放射線治療や化学療法も含めた集学的治療により、治療成績 の向上を目指しています。なお、前立腺がんの小線源治療、ロボット手術など先端医療の御要望に関しては、主に東京医科歯科大学、癌研有明病院、埼玉県立がんセンターなど連携をとっております。 尿路結石症については、従来からの体外衝撃 波結石破砕(ESWL)装置による治療はもちろん、ESWLに適さない結石や、ESWLで除去しきれない結石の場合を中心に内視鏡治療を行っています。近年、細径尿管鏡やレーザー破砕装置の進歩は目覚ましく、内視鏡治療のメリット(治療期間の短縮、確実な結石除去)も大きくなりつつあります。結石治療を目的とする場合も、曜日・時間に特別の指定はありませんので、通常通り泌尿器科外来宛てにご紹介いただければ、必要な検査・治療などにつき手配させていただきます。

前立腺癌については、各種精密検査(生検、MRI、シンチグラフィなどの画像診断)、治療全般(手術療法、放射線治療、内分泌療法、化学療法、待機療法など)いずれも当院にて対応可能です。特殊な治療法(小線源治療など)を御希望の場合は、病状をよく検討したうえで相談させていただき、必要に応じて都内大学病院などに紹介しています。

膀胱がんについては、早期の場合は内視鏡治療を中心として膀胱温存治療を行っています。すでに進行がんとなっている場合でも、抗がん剤治療、放射線治療、手術療法などを組み合わせて治療を行っております。

腎がんについては、手術療法に加えて、最近では新しい薬剤(分子標的薬)が登場し、以前では治療が難しかった場合でも症状の改善が期待できる場面が増えてきました。当院でも、このような新しい治療法に積極的に取り組んでいます。

排尿障害(前立腺肥大症など)、尿失禁などについては、排尿の状態を正確に把握したうえで、もっとも適切な治療は何か、という観点で治療法を提案させて頂いております。薬物療法、経尿道的前立腺切除術(TURP)、尿失禁手術などを行っております。

尿路結石については、平成25年8月から体外衝撃波による結石破砕治療(ESWL)を開始しました。尿路結石の大きさ、形状や位置によって従来より行ってきた内視鏡による結石破砕法も併用しながら最適な治療法を選択します。

主な治療実績

 手術・検査令和元年
令和2年
前立腺癌 前立腺針生検(検査) 90 90
前立腺全摘術 10 1
放射線治療(リニアック外照射) 5 5
膀胱癌 経尿道的膀胱腫瘍切除術 138 107
膀胱全摘・回腸導管造設術 7 6
腎癌 腎摘除術 20 10
腎部分切除術 1 3
腎盂・尿管癌 腎尿管全摘術 8 9
精巣癌 高位精巣摘除術 2 2
副腎腫瘍 副腎摘除術 - 2
前立腺肥大症 経尿道的前立腺切除術 21 19
尿路結石症 体外衝撃波結石破砕術 15 11
経尿道的尿管結石破砕術 47 45
経皮的腎結石破砕術 3 3
経尿道的膀胱砕石術 7 7

主な検査・医療設備

  • 対外衝撃波結石破砕装置、鏡視下結石破砕装置
  • 軟性膀胱・尿道鏡、尿管鏡(硬性・軟性)腎盂鏡
  • 尿流動態検査装置

医師紹介

役職

氏名

専門分野

専門医資格


診療部長
鎌田 成芳
(かまた しげよし)
泌尿器科一般
尿路悪性腫瘍
尿失禁
日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医
副部長 吉永 敦史
(よしなが あつし)
泌尿器科悪性腫瘍
尿路結石内視鏡治療
日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医
日本DMAT隊員

外来医師担当表

外来診療を行う医師の担当日をご覧になる場合は、左のボタンをクリックしてください。