メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

医師紹介

役職氏名専門分野認定医・専門資格
医長 高橋 直人 耳鼻咽喉科一般

日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
耳鼻咽喉科専門研修指導医
東京医科歯科大学医学部臨床講師

外来医師担当表

外来医師担当表

外来診療を行う医師の担当日をご覧になる場合は、左のボタンをクリックしてください。

診療内容

当科は、耳、鼻、のど、くび、顔に関する病気の全領域にわたり、診療を行っています。病気の種類や重症度に応じて、外来でのお薬の調整から、入院による治療や手術まで、幅広く対応しています。
外来診療は月、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日(および近隣の先生からのご紹介を中心に第1・3土曜日)の午前中に行っており、午後は検査、処置、外来手術などを行っています。入院を要する手術は主に水曜日に行っています。
関連する主な症状、病気は以下の通りです。いずれも一度診察を受け、担当医とご相談さい。

難聴:お子さんの難聴の検査から、補聴器の調整まで幅広く対応します。突発性難聴に関しては、通常のステロイド治療が行えない方を中心に、ステロイド鼓室内投与も行っています。
中耳炎:慢性中耳炎については、当院で治療・手術を行うこともありますが、詳しい検査の結果によっては、大学病院などへご紹介も可能です。
めまい:一般的な診察のほか、必要に応じて重心動揺計、VOGといった精密検査も行います。

アレルギー性鼻炎:アレルギー抗原検査の結果に応じて、薬の調整を行うほか、病態、症状によって、アルゴンプラズマを用いた下鼻甲介粘膜焼灼術も可能です。また、スギ花粉およびダニ・ハウスダストアレルギーに対する長期寛解が期待できる治療法として舌下免疫療法を行っております。
慢性副鼻腔炎:病態に応じて、薬の治療から手術まで幅広く行っています。
睡眠時無呼吸症候群:鼻からのどまでの息の通り道に狭い所がないかを確認し、必要があれば息の通り道を広げる手術を行います。また、眠っている時の無呼吸の検査(簡易ポリソムノグラフィ)を外来で行い、結果に応じて治療のための装置(CPAP)を使用できる施設へご紹介します。

のど

急性炎症:のどのかぜに対して、全般的に診療を行っています。扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎など、入院での点滴や、手術治療が必要な場合にも対応しています。
嚥下障害(飲み込みにくさ、誤嚥):細いのど用のカメラ(喉頭ファイバー)で直接飲み込みの様子を見る嚥下内視鏡検査で評価します。
声がれ:喉頭ファイバーをはじめとする検査で原因を特定し、ポリープには手術、声帯麻痺には音声改善手術を行います。

くび

良性腫瘍:唾液腺、甲状腺やその他くびの良性腫瘍に関して、診断および手術を行っています。甲状腺嚢胞に関しては、エタノール注入、がま腫にはピシバニール注入などの治療も行います。
悪性腫瘍(がん):顔からのど、くびにかけてのがん(鼻腔がん、副鼻腔がん、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、甲状腺がん、唾液腺がん)について、診断を行います。病気の大きさや種類によっては、当院でも治療が可能ですが、大がかりな治療が必要な場合には、大学病院やがんセンターと連携をとっています。

顔面神経麻痺:病態に応じて、検査、治療を行います。
顔面骨骨折、鼻骨骨折:診断、整復を行います。