メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 循環器内科

循環器内科

担当医師

役職氏名専門分野認定医・専門資格
部長 稲垣裕 虚血性心疾患
心血管インターベンション
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
部長 土信田伸夫 循環器一般 日本循環器学会認定循環器専門医
医長 岡田寛之 不整脈疾患 日本循環器学会認定循環器専門医
医長 石丸剛 虚血性心疾患
心不全
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
医長 大西健太郎 心血管インターベンション 日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
医長 中島永美子 不整脈疾患 日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
医長 古浦賢二    
医師 檮木優哉    
医師 三澤透    
医師 的場孝盛    

外来医師担当表

外来医師担当表 外来診療を行う医師の担当日をご覧になる場合は、左のボタンをクリックしてください。

診療内容

循環器科が取り扱っている疾患ないし病態は高血圧症、狭心症、心筋梗塞、心不全、心臓弁膜症、先天性心疾患、心筋症、心筋炎、不整脈、肺血栓塞栓症、大動脈瘤などです。

動悸、息切れ、呼吸困難、むくみ、胸痛、胸がつかまれる感じ、めまい、目の前が暗くなる感じ、失神、脈の乱れ、脈が抜ける感じ…などの症状は心臓の病気である可能性がありますので循環器内科への受診をお薦めします。
当科で行っている専門的な検査や治療のいくつかを紹介します。

専門的な検査

  • 心臓超音波検査
    心臓の動きとその機能、心房、心室などの大きさ、弁の状態、心臓の筋肉の厚さなどを調べる検査です。内視鏡を利用することもあります。

  • ホルター心電図検査
    通常の日常生活を送りながら24時間の心電図をとる検査です。受診しているときには発作が起こってなく診断がつかない狭心症や不整脈などを調べる検査です。小さなトランジスターラジオくらいの大きさの器械を腰に付けて頂いて行います。

  • 運動負荷心電図検査
    ベルトコンベアーの上を歩いて頂いたり(トレッドミル)、ペダルをこいて頂くことにより心臓に負荷を与えて病気の状態を調べる検査です。

  • 心臓核医学検査
    放射線を用いて心臓の動きのよしあし、心臓の機能、自律神経の心臓に対する影響などを調べる検査です。

  • チルトテスト
    失神の原因が心臓や自律神経に関係がないかどうかを調べる検査です。

  • 心臓カテーテル検査
    カテーテルという細い管を血管の中に入れて心臓を調べる検査ですが、大きく分けて次の2つがあります。

    1.造影検査
    心臓に血液を送っている冠動脈に狭心症や心筋梗塞の原因となるような病変がないか、先天性心疾患、弁膜症、心筋症などの病気がないかを調べる検査です。
    2.電気生理学的検査
    不整脈の確定診断のために行う検査です。極端に脈が速くなる頻拍や遅くなる徐拍の診断と治療方針を決定します。

専門的な治療

  • PTCA(経皮的冠動脈拡張術=風船療法)、ステント留置術
    冠動脈の閉塞ないし狭窄病変を風船(バルーン)や金属を用いて治療します。

  • PTA(経皮的血管形成術)、ステント留置術
    大腿動脈などの四肢の動脈の狭窄病変に対して風船(バルーン)や金属を用いて治療します。

  • 心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)
    頻拍の根治療法です。カテーテルを用いて心筋の一部(頻拍の回路)を高周波で焼灼し、頻拍を起こらなくします。

  • ペースメーカー植え込み術
    徐拍に対し必要な場合はペースメーカーを植え込みます。

診療の特徴・特色

  • 経皮的冠動脈血管形成術(PCI)
    わが国において、心臓病による死亡は癌についで死因の第2位を占めています。
    生活習慣の欧米化から高血圧症、糖尿病、高脂血症などの罹患率が上昇し、急性心筋梗塞、不安定狭心症など急性冠症候群の患者数は年々増加しています。当院でも平成24年4月に心臓・脳血管センターの併設開院後、急性冠症候群症例数は増加し、インターベンション指導医である稲垣裕部長を中心に循環器内科医9名による24時間の診療体制をとり、緊急心臓カテーテル検査およびステント留置を含めた経皮的冠動脈血管形成術を積極的に行っています。
    平成29年の実績では急性冠症候群120例に緊急PCIを施行し、待機的症例を含めたPCI件数は322例です。また、DCA(方向性冠動脈粥腫切除術)や特殊カテーテル(エキシマレーザー、ロータブレーター)を使用し、通常のステント留置術だけでなく、病変、病態にあわせた治療を行っています。心臓血管外科スタッフとの連携も円滑、緊密で、内科および外科が一つのチームとして虚血性心疾患の治療にあたっています。

  • 不整脈
    不整脈診療においても不整脈専門医である岡田寛之医長を中心にカテーテルアブレーション(RFCA)治療を積極的に行っています。
    平成29年の実績ではRFCAを171例施行し、発作性及び持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション(肺動脈隔離術)を92例施行しています。また発作性心房細動に対するクライオアブレーションは56例でした。デバイス治療に関しては、ペースメーカー植え込み術は13例、植え込み型除細動器(ICD)6例、両室ペーシング(CRT)7例でした。

  • その他の血管疾患
    閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する下肢PTA治療は40例、静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症+肺血栓塞栓症)に対して、下大静脈フィルター留置術を8例施行(永久留置型含む)、また近位部に多量の深部静脈血栓が残存する場合には、カテーテル血栓溶解療法も施行しています。

治療実績

主な治療実績(2017年)は次のとおりです。

経皮的冠動脈インターベンション(PCI)
(うち緊急PCI(急性心筋梗塞、不安定狭心症))
322
(120)
カテーテルアブレーション
(うち肺動脈隔離術(PVI))[うちクライオアブレーション]
171
(92)[56]
デバイス植え込み術(ペースメーカ・ICD・CRT)
(うち植え込み型除細動器(ICD)(S-ICD)
(   両室ペーシング(CRT-D)(CRT-P)
13
(6)
(7)
血管内治療(経皮的血管形成術など) 61

主な検査・設備

主な検査

超音波検査
心エコー図
超音波ドプラー法
頸動脈エコー法
血管エコー
トレッドミル運動
負荷心電図
心臓カテーテル検査
冠動脈造影
電気生理検査
心筋生検

加算平均心電図 T-Wavealternans
脈波伝達速度 下肢・上肢血圧比(ABI)
血管内皮機能検査
中心動脈圧
核医学検査 心筋シンチグラフィー
負荷心筋シンチグラフィー

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。