メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 放射線科

放射線科

診療対象疾患

  • 悪性腫瘍に対する放射線治療
  • 各種の血管内治療(IVR)
  • 画像診断(CT・MRI・核医学)

診療の特徴・特色

当院放射線科は、各種画像診断(CT・MRI・アイソトープ検査・一般撮影・消化管造影・血管造影等)、画像診断の技術を応用した微小侵襲治療法であるIVR ならびに放射線治療を主業務としております。これらの診療放射線業務に際して、地域医療連携を積極的に行っております。
新病院が開院して16 年が経過したため、昨今では放射線科管理の耐用年数を超えた機器を順次更新していく必要が生じてきております。最も地域の先生方にご利用いただいているCTは16列から320列装置へと更新いたしました。新しく320列にしたことにより撮影スピードが向上し検査時間の短縮が可能となりました。その他、X線テレビ装置の更新も行いました。従来前腕骨のみでしか測定できなかった骨密度測定が腰椎や股関節でも行えるようになり、より正確な骨密度の測定が可能となりました。
これらの高度医療機器を地域の先生方にご利用していただくため、当科では他院の患者さんの CT・MRI・アイソトープ検査(脳血流、骨、Gaシンチ等)や放射線治療を受け入れています。
画像診断検査の結果はCD-R もしくはフィルムにて当日お渡しし、報告書は翌開院日に郵送しております。なお、放射線治療専門医は非常勤であり、放射線科は入院病棟を持たないため、原則として放射線治療は通院可能な方のみとさせていただいております。
近年の画像機器の進歩は目覚しいものがあり、微細な病変の描出および評価が、以前にも増して求められるようになり、それによる医療被ばくの増加も懸念されるようになっております。当科においても新しい機器やシステムを導入し、医療の高度化を目指しておりますが、患者さんの負担軽減と被ばくを最小限に抑えることを常に考え、日々の業務に邁進しております。
更に、昨年に引き続き「患者さんに安心して検査・治療を受けていただくために、思いやりをもって丁寧な検査を行う」を当科の組織目標として掲げ、業務遂行してまいります。 当科を地域の先生方に安心してご利用いただき診療の一助となり、少しでも地域の市民の皆さま に貢献できれば幸いです。

放射線治療

東京医科歯科大学からの治療医(非常勤)が週1回(金曜日)診療を行っています。また院内各科からの紹介で、脳腫瘍・骨腫瘍・乳がんなどの悪性腫瘍について、リニアックを用いて照射治療を行っています。

放射線診断

CT・MRI・RIなどの読影を行っています。病診連携の紹介検査につきましては、原則として翌(開院)日の朝に結果をファクスでお届けしております。また、各種血管造影検査とカテーテルを用いた動脈塞栓術、動注などの治療についても院内各科からの依頼で実施しています。

注:放射線科を直接受診することはできません。放射線治療の依頼は各診療科へ、紹介検査などは医療機関を通じて地域医療連携室にお願いします。

主な治療実績

  令和元年令和2年
放射線治療 件数 616 614
人数 170 187

主な検査・医療設備

 CT 320列マルチスライス(Aquilion ONE) 
 MRI  1.5テスラ(Vantage Titan)
 乳房X線撮影装置  フラットパネル型(FDR MS-2500)
 血管撮影装置  infinix Celeve(INFX-8000)
 核医学装置  シーメンス(e.cam)
 放射線治療装置  Elekta Synergy

医師紹介

役職氏名専門分野専門医資格

部長
中川 恒明
(なかがわ つねあき)
画像診断 日本医学放射線学会認定放射線科専門医
日本医学放射線学会認定研修指導者
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医
医師 上道 恵
 (うえみち めぐみ)