メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 歯科口腔外科

歯科口腔外科

医師紹介

役職氏名専門分野認定医・専門資格
部長 高田 典彦 口腔腫瘍
顔面外傷
顎変形症
顎関節症
顎顔面補綴
有病者歯科治療
顎顔面インプラント
日本口腔外科学会認定医・指導医
歯学博士
顎顔面インプラント指導医
日本職業災害医学会労災補償指導医
厚生労働省歯科医師卒直後指導医
日本有病者歯科医療学会指導医
顎顔面補綴認定医
日本歯科医師会産業歯科認定医
鶴見大学顎顔面口腔外科非常勤講師
医長

山崎 陽子

口腔外科一般 日本口腔外科学会専門医
歯科医師臨床研修指導医
医師 北條 秀樹 口腔外科一般  

外来医師担当表

外来医師担当表

外来診療を行う医師の担当日をご覧になる場合は、左のボタンをクリックしてください。

診療内容

歯科口腔外科は近隣医師会・歯科医師会との連携の下に、歯科医療の中でも特に高度な技術が要求される手術を中心とした「口腔外科領域の二次・三次診療」を行っています。
したがって、かかりつけ医からの紹介を受けた方が診療対象の主体(口腔癌、顎変形症、インプラント、埋伏智歯、顔面骨骨折、重傷炎症など)となっており、一般の虫歯、歯周病、義歯の治療などは行っておりません。
患者さんは草加市のみならず、近隣の広い地域から(越谷市・川口市・八潮市・さいたま市等)紹介されており、特に、顎変形症・唇裂口蓋裂の患者さんは埼玉県内遠方や他県からも多数来院していただいています。以下に当科の具体的な診療内容をご紹介します。

口腔癌(舌癌・歯肉癌・頬粘膜癌など)

写真1 写真2の画像

口の中の舌・歯肉・頬粘膜(ほっぺた)・顎骨(上あごと下あご)などには様々な種類の癌が発生します。
現在、口腔癌治療の主体は手術ですが、大きな手術では顔面が変形したり咀嚼・発音・嚥下などが障害されたりして日常生活に大きな障害が生じます。
しかし、最近では、抗癌剤と放射線を組み合わせた治療で癌をかなり小さくすることが可能となり場合によってはほとんど癌が消滅することもあります。
当科では、高濃度の抗癌剤が直接癌に到達し高い効果が得られる超選択的動注療法を行なっています(注1)。
さらにこの超選択的動注療法と放射線治療をうまく組み合わせることで癌をさらに縮小させ良好な治療結果が得られています(写真1、2)。
この放射線と超選択的動注の併用療法によって、多くの口腔癌をより侵襲の少ない小さな手術で完全に取り除くことができるようになりました。今後は複数の抗癌剤と放射線治療をうまく組み合わせてさらに高い効果が得られるよう工夫していきたいと考えています。

超選択的動注療法:大腿動脈(太ももの付け根の部分を通っている動脈)からX線透視下にマイクロカテーテルを癌に血液を送っている動脈に挿入し、このカテーテルから抗癌剤を注入する方法。通常行なわれている点滴による投与と比較して、数倍の高濃度の抗癌剤が癌に到達し大きな効果が得られると言われています。
注1)当科における超選択的動注療法の効果については、平成16年度埼玉県歯科医学大会(「口腔癌に対する放射線療法併用超選択的動注化学療法」;ポスター発表)および東北大学歯学雑誌第25巻、70-77頁2006年(「術前療法としてNedaplatinの超選択的動注と放射線療法を行なった口腔癌6症例の臨床的検討」;論文発表)において発表しています。

顎変形症(受け口、顔面非対称など)

写真3 写真4の画像

上・下顎骨の大きさや形の異常で咬み合せや顔・顎の形に問題のある患者さんに対し矯正歯科専門医と連携して手術(顎変形症手術)を行なっています。
最も一般的な手術は、受け口に対する下顎骨後退術や上顎骨前方移動術で、自己血輸血などを応用し可及的に安全な手術を心がけています(写真3、4)。
手術は基本的にすべて口の中から行ないますので、顔に傷がつくことはありません。
入院期間は2週間程度で、手術料を含め入院費用のすべてに保健が適用されます。
患者さんは、埼玉県内はもとより、栃木県、群馬県からも来院されています。
咬み合せに心配のある方は、当科または近くの矯正専門医に相談してみてください。

インプラント

写真5 写真6の画像

虫歯や歯槽膿漏、あるいは事故などで歯が抜け落ちてしまった方に対しインプラント(人工歯根)治療を行っています。
インプラントとは、顎の骨の中に金属(チタン)性の人工歯根を埋入し、この歯根に歯を連結する治療法です。
従来からの取り外し式の入れ歯では充分満足できない方などが治療の対象になります(写真5、6)。ただし健康保険では認められていない治療法なので自由診療の料金となります。
インプラント治療が成功するためには丈夫な顎の骨が必要なため、インプラント治療を希望されるすべての方に対しすぐに治療ができるわけではありません(注1)。
治療を希望される方はお気軽に御相談ください。

(注1)顎の状態が不良ですぐにインプラントができない場合は、骨移植などの前治療が必要になります(別途料金)。

抜歯

写真13の画像

抜歯は口腔外科では最も頻度の高い手術です。当科で主に扱うのは、あごの骨の中に埋没している親知らず(埋伏智歯)や余剰な歯(過剰歯)の抜歯です。
埋伏智歯の抜去には、歯肉切開・骨削除・歯冠分割などの複雑な過程が必要なため、通常の抜歯と比較して時間が余計にかかり、術後の痛みや腫れも強くなる傾向にあります(写真13)。
他に心臓病・糖尿病・脳梗塞などの全身的合併症を有する方の抜歯も各主治医との連携の下に多数行っています。

顎顔面外傷(顎骨骨折、歯の脱臼、裂傷など)

写真14 写真15の画像

転倒、交通事故、スポーツなどで、歯の脱臼、口唇裂傷、顎骨骨折などが生じます。 裂傷や歯の脱臼の治療には迅速な対応が重要で、来院が早いほど良好な治療結果が得られます。また顎骨骨折では入院が必要になります。咬み合せの回復のため、全身麻酔下での緻密な手術が必要になります。チタン製のミニプレートで骨折部を整復固定します(写真14、15)。

炎症

写真16の画像

虫歯や歯槽膿漏が原因で歯茎のみならず顔やのどまで強い炎症が波及することがあります(写真16)。このような強い炎症に対しては、入院して点滴を行なったり膿を除去するための手術が必要になったりします。

顎関節症

おおきく口が開けられない、物を咬むと顎が痛む、口を動かすと音が鳴るなどの症状を有する方に対して、薬物治療、マウスピースを用いた治療、注射や内視鏡を用いた治療などを行っています。

手術件数

手術件数(2016年)は次のとおりです。

  • 悪性腫瘍 15例
  • その他の腫瘍 37例(うち良性7例、嚢胞28例、前癌病変dysplasia2例)
  • 外傷 13例
  • その他 50例