メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 消化器内科

消化器内科

担当医師

役職氏名専門分野認定医・専門資格
副院長(兼)
医療技術部長(兼)
消化器内科部長
矢内 常人 消化器一般 日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
医長 鎌田 和明 消化器一般 日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
医長 今城 眞臣 消化器一般 日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
医長 小橋 健一郎 消化器一般 日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
医師 柗川 直樹 消化器一般  
医師 岡田 理沙 消化器一般  
医師 山崎 友裕 消化器一般  

外来医師担当表

外来医師担当表

外来診療を行う医師の担当日をご覧になる場合は、左のボタンをクリックしてください。

診療内容

消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)や肝臓、胆嚢、膵臓などの病気の治療を行っています。

このような症状の場合に受診を

胸やけ、腹痛、お腹が張る、吐気、嘔吐、食欲低下、下痢や便秘などの便通異常、吐血、血便などの症状が出たときに受診してください。吐・下血に対しては緊急対応を行っています。胃癌検診や大腸癌の検診で精密検査が必要と言われたときも消化器内科で検査を行います。皮膚や白目の部分が黄色くなる、尿が褐色になる、便が白くなるなどの症状は肝臓が悪い場合に見られます。健康診断などで肝臓や膵臓が悪いと言われた場合や胆石があると言われた場合にも消化器内科を受診してください。

消化器内科で治療しているおもな病気

  • 消化管の病気には、食道、胃、大腸のポリープや癌や逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患などがあります。
  • 肝臓の病気には急性、慢性の肝炎(A.B.C型肝炎など)、肝硬変、自己免疫性肝炎、原発性胆汁うっ滞性肝硬変、肝臓癌などがあります。胆道系の病気には胆石症や総胆管結石、胆嚢癌、胆肝癌などがあります。膵臓の病気膵炎、膵癌などがあります。

消化器内科で行っている検査、治療

胃および、大腸内視鏡検査、早期癌やポリープの内視鏡的切除術、粘膜切除術などを行っています。食道静脈瘤に対し内視鏡的結紮(けっさつ)術、硬化療法を行っています。腹部臓器の超音波検査や造影超音波検査を行っています。慢性肝炎に対しては肝生検を行い、インターフェロン、PEGインターフェロン、リバビリンなどで治療しています。肝臓癌に対する局所治療(エタノール注入療法、ラジオ波熱凝固療法)、肝動脈化学塞栓療法、動注化学療法などを行っています。胆道、膵疾患に対し、内視鏡的胆管膵管造影、結石の除去、ステント挿入などを行っています。

炎症性腸疾患(IBD)専門外来の開設について

2011年6月から炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)専門外来を開設しました。専門施設である東京医科歯科大学炎症性腸疾患センターの専門医が診療にあたります。潰瘍性大腸炎とクローン病はこれまでは原因不明な腸疾患のため、治療に苦慮することもありましたが、最近の研究と進歩により有効な治療法も多くなってきています。最新の知見と豊富な知識・経験、東京医科歯科大学との連携により、コントロールの難しい患者様や重症の患者様に対しベストな診療を目指しています。
通常の治療ではよくならない場合は、治験など通常不可能な治療や、特殊な検査などのため東京医科歯科大学医学部附属病院へのスムーズな紹介や転院も可能です。
我々は他施設と治療のゴールが違います。病気を治すことも一つの目標ですが、それ以上になるべく通常の生活、食事をしていただけるように努力していきます。

主な治療実績

2016年の主な治療実績は次のとおりです。

上部消化管内視鏡検査 2,554件
内視鏡的粘膜剥離術 89件
内視鏡的粘膜切除術(上部) 9件
下部消化管内視鏡検査 2,024件
ERCP 185件
うちEST 17件
うちEPBD 35件
うちEST+EPLBD 35件
うち胆道プラスチックステント 65件
うち胆道メタリックステント 8件
食道・胃静脈瘤硬化療法 7件
食道・胃静脈瘤結紮術 17件

主な検査・医療設備

上部消化管内視鏡検査 食道、胃十二指腸までの観察、診断、治療を行っています。早期がんの内視鏡的切除を行っています。(ESD、EMR)
食道、胃静脈瘤に対し結紮術、硬化療法を行っています。
食道、幽門、十二指腸閉塞に対しステント留置を行っています。
下部消化管内視鏡検査 大腸疾患の診断、ポリープや早期がんの内視鏡的切除を行っています。切除不能進行大腸がんに対しステント留置を行っています。
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP) 内視鏡を用いて胆管、膵管を造影します。
胆石、総胆管結石、膵がん、胆管がんなどの診断を行います。
乳頭切開術、大口径バルーンを用いた胆石の除去、がんによる胆道狭窄に対し、ステント留置などを行っています。
腹部超音波検査 超音波を用いて肝、胆、膵疾患の診断を行います。造影超音波も行っています。
超音波ガイド下に生検、治療を行います(胆生検、PTCD、PTGBD、エタノール注入療法など)。
ラジオ波焼灼術 エコーガイド下に経皮的に肝を穿刺し、肝細胞がんや転移性肝がんの治療を行っています。
外来化学療法室 各種消化器がんに対する抗がん剤や分子標的薬の治療を行っています。炎症性腸疾患に対しレミケードの投与を行っています。