メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 診療科・部門 > 看護部 > 先輩看護師の紹介

先輩看護師の紹介

5階東病棟 外科 看護師

siraisikanngosi.JPG

私は新卒で当院へ入職し現在3年目に入ります。私が勤めている外科病棟では、手術を受ける患者さんが多く不安を抱いていたり 、手術後も乳房の切除やストーマ増設などのボディーイメージの変化、食事摂取行動の変化への理解が必要な患者さんなどそれぞ れに対応していくべきことがあります。患者さん個々の理解度や受容段階に応じた説明を行うだけではなく、私は少しでも不安感 や思いを表出できるよう、日常会話や些細な事でも声をかけてもらいやすい雰囲気づくりを日々心掛けるようにしています。 しかし、働いている中で悩むことやつまずくことは毎日のようにあります。そのような時には悩みを共有できる同期や、声を掛け 合い小さな事でも相談できる病棟スタッフの存在がとても心強く安心して働くことが出来ています。また、院内や病棟内で定期的 に研修や勉強会が催されており、そのような場でも知識を深めていくことが出来ます。周囲の人々に支えられながら、看護師とし て少しずつ成長させてもらっていると感じています。 草加は私の出身地でもあります。小学校の卒業アルバムに書いた将来の夢は“看護師”でした。幼少期から多くの人々との関わり の中で育ててもらったこの大好きな草加の地で、看護師として心身に寄り添うことのできる看護を目指しこれからも日々努力し続 けていきたいと思います。

腎センター 看護師

yosikawakanngosi.JPG

私は看護師の職業に就いて20年になります。その間に出産を経験し、家事や育児をしながら仕事が続けられるのか不安になることが幾度とありました。しかし、この病院では家庭と仕事を両立している職員が多く、職場の理解や協力を受けながら働き続けることができています。私は今まで病棟勤務しか経験したことがなかったのですが、6年前から今の腎センターに配属され主に外来透析患者さんに関わっています。外来に勤務する前は外来看護の役割は受診している間だけの対応だけだと思っていました。しかし実際に業務を行い 、4時間の治療に週3回通院される患者さんに数ヶ月、数年と関わりを重ねることで信頼関係が築けることを学びました。病院への通院は、病とともに生きている患者さんにとって大切な生活の一部です。その生活の一部に関わり、透析時間ばかりではなく体調管理のために院外の生活環境を患者さんと一緒に見直し考えていける今の仕事に病棟とは違った責任とやりがいを感じています 。時には体力的にも精神的にもつらい場面がありますが、患者さんからいただける「ありがとう」の言葉は何よりも嬉しく、ずっと看護師を続けたいと思う力になっています。

外来 看護師

huzimine.jpg

私は出産を機に仕事を辞めてブランク7年で当院の外来に就職しました。久しぶりに働く病院は薬も医療機器も看護も新しくて不安だらけでした。でも外来のスタッフはみんなスキルが高くて色んなことを教えて頂き、雰囲気も和やかで何でも聞きやすく、復帰はスムーズにできました。一番心配だった子供のことも付属の院内保育の先生が優しくて、保育内容も充実しており安心して子供を預けられました。最初は週3回のパートでしたが子供たちも成長してきたので、この病院なら仕事量を増やしても続けられると思い、今年から正職員として就職しました。 外来は病棟と違って患者さんと関係性を深める前に診療が終わってしまいますが、短い時間の中でいかに信頼性を築くことができるか非常にやりがいのある場所です。子育てだけしている頃は再就職する自分を想像することはできませんでしたが、働いてみると社会とつながっている今は本当に充実していて、より家族との時間も自分の時間も大切にできるようになりました。もしこのホームページを見てまた働いてみようと思う潜在ナースが当院に来てくれたらうれしいと思います。

6階西病棟 脳神経外科 看護師

takakubo.jpg

新卒として草加市立病院に入職しました、脳神経外科に配属している看護師2年目です。病棟の雰囲気はよくスタッフ間で積極的に声かけが行われており、何よりチームワークが自慢です。脳神経外科の患者さんは、意識障害があり自ら意思を訴えることが困難な方が多いです。状態の変化があった場合、患者さんの今後を左右するため素早い対応が必要です。そのため、状態をよく観察し看護師が変化に気づくということが大切だと考えています。1年目は業務に追われたり、毎日新しいことを経験し学んだりと、自分のことで手一杯でしたが、2年目になり業務に少し余裕ができ視野を広く持てるようになった分、細かい変化にも気づくようになりました。また患者さんやその家族に対してだけでなく、一緒に働いているスタッフへの配慮もできるようになり、自分も病棟スタッフの一員として看護ができていることにやりがいを感じています。看護師としての経験年数はまだまだ浅いですが、患者さんや先輩方から学び日々吸収していきたいと思います。