メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 当院について > 病院概要

病院概要

草加市立病院の概要

病院外観の画像

所在地 〒340-8560
埼玉県草加市草加二丁目21番1号
開設者 草加市長 田中和明
事業管理者 高元俊彦
病院長 河野辰幸
開設許可年月日 昭和35年12月20日
診療科 内科、血液内科、内分泌・代謝内科、膠原病内科、腎臓内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、小児科、外科、心臓血管外科、整形外科、眼科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科、精神科、救急科
病床数 380床
敷地面積 18876.63平方メートル
建物面積 8901.60平方メートル
延床面積 38700.06平方メートル

基本理念・基本方針

基本理念

草加市立病院は、市民のいのちと健康を守り、地域医療の中核を担うことを使命とします。

基本方針

1 地域中核病院の役割

総合的・急性期医療を基盤に、高度専門、二次救急と地域医療連携の充実に努めます。

1 患者中心の医療の確立

十分な説明と同意のもと開かれた、患者様の権利を尊重する親切な医療の提供に努めます。

1 安全で良質な医療の提供

安心して医療を受けられる環境づくりや、市民の信頼が得られる質の高い医療の実践に努めます。

1 健全経営の確保

地方公営企業法の精神を生かし、公共性と経済性とのバランスのとれた健全経営に努めます。

病院沿革

変遷の時期変遷の内容
昭和33年5月 国保直営診療所開設内科・外科・産婦人科
病床2 床建物203平方メートル
昭和36年2月 草加市民病院開設
病床25床
建物637平方メートル
昭和39年2月 救急病院の告示
昭和41年10月 伝染病舎併設(30床)
建物511平方メートル
昭和42年4月 草加市立病院に名称変更小児科設置
昭和42年6月 病床100床
建物4093平方メートル
昭和48年8月 整形外科設置
昭和49年3月 病床209床
建物7985平方メートル
昭和51年6月 眼科設置
昭和52年11月 皮膚科設置
昭和54年7月 人間ドック開設
昭和55年4月 胃腸科設置
昭和55年7月 耳鼻咽喉科設置
昭和56年7月 病院運営審議会設置
昭和58年7月 循環器科設置
昭和62年4月 重症者の看護、収容実施承認
昭和62年12月 総合病院の承認
平成2年4月 泌尿器科設置
平成5年4月 病院建設準備室設置(企画財政部内)
平成8年5月 院外処方開始眼科・耳鼻咽喉科・婦人科
平成9年5月 優良病院自治大臣表彰
平成9年9月 院外処方拡大(胃腸科・整形外科・皮膚科・泌尿器科)
平成10年3月 高エネルギー治療装置(リニアック)導入
平成11年4月 伝染病舎の財産処分承認
病院建設準備室を廃止し病院建設室を病院事務局内に設置
平成12年4月 診療科の一部予約制開始紹介患者専用窓口設置
平成12年7月 院外処方拡大(内科・循環器科・外科)
平成12年12月 MRI導入
平成13年1月 院外処方全科で実施
平成13年5月 労災保険二次健診等給付医療機関指定
平成13年12月 救急告示医療機関更新申出
平成14年3月 新病院開設許可
平成14年7月 新市立病院建設工事着工
平成15年1月 地方公営企業法全部適用(病院事業管理者・八重樫寛治氏)
平成15年10月 単独型臨床研修病院指定認可
厚生労働省発医政第1030005号
施設番号031072
平成16年1月 病院の基本理念・基本方針を制定
平成16年3月 新市立病院建設工事完成
平成16年7月 新病院開設
平成16年7月 新病院開院(外来診療開始)
平成17年3月 産科休止
平成17年10月 病院事業管理者・高元俊彦氏就任
平成18年2月 彩の国景観賞受賞
平成18年7月 日本赤十字社献血功労埼玉支部長感謝状授与
平成19年10月 産科再開
平成20年6月 草加市立病院開設50周年式典を挙行
平成21年4月 草加八潮医師会所属医師の協力による小児夜間救急診療を開始
平成23年3月 (仮称)新医療センター建設工事着工
平成24年4月 心臓・脳血管センター開院
平成26年12月 災害拠点病院の指定を受ける