メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 当院について > 災害拠点病院として

災害拠点病院として

  • 災害訓練1
  • 災害訓練2
  • 災害訓練3

草加市立病院が災害拠点病院に指定

平成26年12月、草加市立病院は災害拠点病院になりました。埼玉県内では16番目、草加市が位置する埼玉県東部南地区では初めての指定となります。

災害拠点病院とは

災害訓練 正面口トリアージ

重症群エリア

阪神淡路大震災の教訓から平成8年に制定されたもので、名前の通り地震や事故など大災害が起きた時、中心になって医療を行う病院のことです。被災された患者さんを24時間体制で診療することはもちろん、近隣の病院を支援する役目もあります。全国で676病院が指定されています(平成26年4月現在)。
近い将来、高い確率で起こると言われている東京湾北部地震では、埼玉県東部地域でも相当の被害が発生すると予想されています。重症の傷病者を一人でも多く救命するためには、市立病院や草加市だけでなく被災地以外の力を借りて支援してもらうことが重要です。不足する資源(人、薬、水や食糧など)を請求して応援を受け入れると共に、重症な患者さんは地域外の病院へ送り出す調整が必要です。この連絡調整は、広域災害救急医療情報システム(EMIS)という通信手段のもと、日本全体が一括管理されています。先日の御嶽山の噴火や長野県の地震でも発災直後からEMISに情報が集約され、救援体制が取られていました。この機能は災害拠点病院になってこそ、充分に活用することができます。
災害拠点病院の指定にあたっては、建物(耐震構造)や水・食糧の貯え(最低3日分)の他、非常時でも使用できる通信機能(衛星電話)を持つこと、DMAT隊を保有することなど、日頃から災害医療に取り組んでいる病院の体制が評価されます。市立病院では毎年、職員300名以上が参加して大規模災害を想定した訓練を行って来ました。

災害派遣医療チームDMATとは

DMAT隊

テレビドラマでも話題になりましたが、災害・事故が起こった場合、都道府県からの要請を受けて被災地域にいち早く出動し、医療を提供するチームです。都道府県から推薦されて国の養成研修を受け、試験に合格して隊員となります。草加市立病院DMAT隊は医師1名、看護師3名、事務調整員2名で構成されています。

災害拠点病院の仲間入りをしたことで、ようやく災害医療の出発点に立ちました。市民のみなさんの命を守るため、草加市全体で努力し続けて行きたいと思います。ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。
(草加市立病院DMAT隊長南和)

大規模災害訓練を行いました平成28年11月19日開催

震度6強の直下型地震が平日の日中に発生、多数のけが人が発生したという想定で訓練を行いました。短時間に一気に来院する重症な患者さん(35名想定)の診療、執刀中の手術(5件)をどうするかの判断、災害時の集中治療室や病棟の対応(50名)を中心に、職員275名が訓練に参加しました。

  • H28災害訓練01
  • H28災害訓練02
  • H28災害訓練03
  • H28災害訓練04
  • H28災害訓練05
  • H28災害訓練06
  • H28災害訓練07
  • H28災害訓練08
  • H28災害訓練09

災害医療講演会が開催されました平成28年9月29日

兵庫県災害医療センター・中山伸一センター長をお迎えし、「改めて、阪神・淡路大震災以降における我が国の災害医療の対応の進歩と課題」というテーマでご講演いただきました。テレビ聴講室も立ち見が出る程の大盛況でした。阪神淡路大震災や明石花火大会事故・福知山脱線事故など数々の大災害を最前線で救護されて来た日本の災害医療を代表する先生のお話に参加者全員が刺激を受けました。中山先生の熱い想いに負けない様に私達も頑張ります。

  • 災害医療講演会1
  • 災害医療講演会2
  • 災害医療講演会3

災害医療講演会が開催されました平成28年9月29日

兵庫県災害医療センター・中山伸一センター長をお迎えし、「改めて、阪神・淡路大震災以降における我が国の災害医療の対応の進歩と課題」というテーマでご講演いただきました。テレビ聴講室も立ち見が出る程の大盛況でした。阪神淡路大震災や明石花火大会事故・福知山脱線事故など数々の大災害を最前線で救護されて来た日本の災害医療を代表する先生のお話に参加者全員が刺激を受けました。中山先生の熱い想いに負けない様に私達も頑張ります。

  • 災害医療講演会1
  • 災害医療講演会2
  • 災害医療講演会3

CBRNE災害対応訓練を行いました平成27年11月21日開催

CBRNE災害とは、毒ガス(C)や炭疽菌などの生物剤(B)、放射能(R)や核(N)、爆発(E)などによって起こる特殊災害のことです。地下鉄サリン事件やボストンマラソン爆発事件もCBRNE災害の一つです。
今回の訓練では、イベント会場に神経剤が撒かれ、多数の傷病者が出ているという想定のもと、当院・草加市消防本部職員合わせて300名が参加、特殊災害対策車など消防車10台が出動して行われました。
被災現場に見立てられた屋外駐車場では、防護服を着た草加消防特殊災害隊員が傷病者50名を救出、除染(汚染された毒物を洗い流すこと)を行った後、当院まで搬送する訓練を行いました。
また、病院側では当院職員が消防職員と同じように防護服を着用して除染を行い、トリアージ・解毒剤を用いた診療を行いました。
このような特殊災害は、日常的に起こるものではありませんが、事前の準備と訓練がなければ対応できない災害です。5年後に東京オリンピックを控え、テロの危険性は現実味をましています。草加市は工場も多く、大事故が発生しないとは言えません。
災害拠点病院となって1年が経過しました。これからも草加消防と協力しながら、自然災害はもちろん特殊災害にも対応できる災害医療体制を作り上げて行きたいと思います。

  • CBRNE01
  • CBRNE07
  • CBRNE03
  • CBRNE04
  • CBRNE05
  • CBRNE06
  • CBRNE02
  • CBRNE08
  • CBRNE09

第35回九都県市合同災害訓練平成26年8月31日開催

草加市は第35回九都県市合同災害訓練の埼玉県会場に指定され、平成26年8月31日に綾瀬川左岸広場を中央会場として大規模な災害訓練が行われました。30年に1度の草加市を挙げての一大イベントでした。
当院も医療系訓練の一環として病院全体を訓練会場に、40名の傷病者を想定し、入院・オペ・広域搬送などの流れを検証しました。草加八潮医師会・薬剤師会や埼玉DMATの皆さんにも参加していただきました。
天候にも恵まれ、たくさんのボランティアの方々にもご協力いただき、無事に終了することができました。皆様、ご協力ありがとうございました。

  • DMAT隊
  • 診療本部
  • 軽症群エリア
  • 中等症群エリア
  • 薬剤師会
  • 草加消防救護班
  • 自衛隊の患者搬送
  • 防災ヘリ
  • 特殊災害対応訓練