メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 診療科・部門 > 看護部 > いきいき通信 > 「入退院支援室」のご紹介

「入退院支援室」のご紹介

いきいき201911

「入退院支援室」って何をするところ?

患者さん、ご家族が安心して治療に専念していただけるよう、入院前から退院後まで、医師・看護師・薬剤師・栄養科・医事課など各専門のスタッフが連携し、支援するところです。

PFM(ペイシェント・フロー・マネージメント)といい、患者さんが安心して医療を受けられるよう入院前から身体的・社会的・精神的背景を把握し、外来通院・入院治療・退院後の一貫した支援を行う、というものです。全国の病院でこのシステムを導入する動きが出ています。

どんな支援をしているの?

医師から「入院が必要です」と告げられてから支援が始まります。

看護師は、面談を行い患者さんの状態を把握し、入院に対する不安が少しでも解消できるよう、入院生活の説明と相談を行っています。医師や多職種のスタッフに情報を伝え、チームでの支援を行います。既に要介護支援をうけている方は、ケアマネージャーと連携し、必要な情報を共有しています。

薬剤師は、入院前に患者さんが服用している薬を把握し、手術のために中止が必要な薬を患者さん・ご家族に説明しています。服用に関する相談も受けています。

栄養科は、看護師の面談で栄養状態に問題がありそうな方の栄養指導を行います。入院前から患者さんの栄養状態を把握できることも、メリットのひとつです。

医事課は、入院費の相談や支払い方法などの相談を受けています。経済的に困難な方の相談も受けています。院内の多職種と連携して、患者さん一人ひとりに合った適切な入院治療が提供できるように努めています。

いきいき通信201911_02

どんな方が対象なの?

現在は、外科と泌尿器科で予定入院して手術を受ける患者さんを対象に行っています。将来的には、入院する全ての患者さんに支援を拡げていく予定です。

ときどき入院 ほぼ在宅

医療は、“病院で治す医療”から“生活を支える医療”に変化しています。入院は非日常であり生活の通過点に過ぎないと捉え、医療やケアを患者さんの自宅や地域での生活を中心に考えるようになってきました。病気になって入院しても住み慣れた地域で継続して生活ができるように、入院前から退院後の生活を見据え、スムーズに元の生活に戻れるよう多職種で支援しています。



お問い合わせ

場所:本館2階20番
時間:平日8:30~17:00 第1・3土曜日8:30~12:30